初めて車を買う皆さん、車を買うときって“車本体以外にもお金が必要”って知っていますか?

安い車が欲しい、と探している初めて車を買う予定の皆さん、「車を買う」というのは“車の本体以外にもお金がかかる”、って知っていますか?

「消費税でしょ?」いやいや、他にも結構モロモロお金がかかるのです。だから少しでも安い車をチョイスして負担を軽くしたいところ。一体どんなものにどのくらいお金がかかるのか、お金のこともちゃんと知って、賢くお得に、車のオーナーデビューしちゃいましょ。


「 税金だけで4種類」も課税されます。「道路を使う人として道路整備代を負担」という目的の税金も。

自動車税

自動車の所有者に課税される税金の一種で、毎年4月1日時点での所有者に「排気量によって」課税されます。 道路を利用(することに対して、その整備費などを負担してもらう性格を持ち、各都道府県に申告・納税します。
(軽自動車には都道府県税の自動車税は課されず、市町村税である軽自動車税が課されます。)

◎具体的にいうと・・・
軽自動車で18000円/年、3500CC 〜4000CCの自動車で65000円/年 かかります。

自動車重量税

車検などの際に自動車の重量などに応じて課税される税金で、国に対して申告・納税する国税です。
自動車重量税は「新車購入時、または車検の時に3年もしくは2年分」を支払います。税額は車検証に書かれている車重を基に計算されます。
なお、自動車税とは異なり「車検が残っている中古車を購入した場合、次の車検時までの分は支払う必要はありません。」

◎具体的にいうと・・・
軽自動車で13200円/3年、3500CCの車で平均80000円前後/3年  かかります。

自動車取得税

その名の通り自動車を取得(購入)したときにかかる税金で、都道府県および市町村の道路整備の費用として使われます。
税額は購入金額によって決まり、「取得価格が50万円以下の場合は非課税」となります。
税率は“普通車が5%”で“軽自動車は3%”、ハイブリッド車や電気自動車などエコカーの場合は税率が優遇されます。
中古車の場合は、新車時の価格を1として、経過年数により0.1~0.681の残価率をかけて計算されます。

◎具体的にいうと・・・
軽自動車は取得金額の3%、普通自動車は取得金額の5%  かかります。

消費税

モノのを買った場合に必ずかかる、おなじみの8%税率の税金です。新車でも中古車でもクルマの本体価格に含まれて表示されています。当然、ナビやフロアマットなどのオプションや付属品の購入時にもかかりますから、クルマの購入時にもっとも多くかかる税金といえるでしょう。



もしもの時に欠かせない「自動車保険」はドライバーとして必須。加入が義務の強制保険も。

いくら気をつけていても、もしかしたら事故を起こしてしまったり遭ってしまうかも・・・そんな時にあなたや相手をサポートするために重要な自動車保険。
自動車保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

街中を走っている車すべてが入ることが義務の「自賠責保険」

「自賠責保険」は強制的に加入させられる保険で、加入しなければ車検を受けることができません。
つまり、街中を走っている車は、必ず自賠責保険には入っているということになります。

また、自賠責保険の補償内容は、“他人(被害者)のケガへの補償”のみに限定され、また、補償額(限度額)は死亡事故で最高3,000万円となっており、これを超える損害は補償されません。

◎具体的に・・・
軽自動車で36920円/3年  普通自動車で39120円/3年  かかります。

自賠責保険で保障されない部分をカバー。「任意保険」があなたを守ります。

「任意保険」は、あなた自身やあなたの車両、相手方の車などの物的損害も補償の対象とできるなど、様々な自動車を取り巻くリスクに備えることができ、補償 額(限度額)も任意に選択して設定できます。

◎具体的にいうと・・・
(一例で)軽自動車で55000円/年、3500CCの車で65000円/年など。

ドライバーの年齢や車両への補償内容でかなり金額が幅広く、 保険会社によっても保険料も異なります。安さ重視、補償の手厚さ重視など、自分に合った保険会社を探してみて。


「駐車場」がないと車を買うことができません。自宅にないならば、2km圏内に駐車場を借りて。

車を持つならば、車のおうちとも言える駐車場は必須。「ここに停めますよ。」という証明 (車庫証明)を提出し警察署で認められないと、車を購入することができません。
自宅に駐車場がない場合は近隣2km以内に駐車場を借りる必要があります。

◎具体的にいうと・・・
東京都内の駐車場賃料の相場はエリアによりますが、おおよそ15000円〜60000円/月(!!)
30000円/月だとしたら、1年間で360000円かかります。


これがなくては始まらない!車のごはん「ガソリン代」。

車はガソリンがなくては動きませんよね。日々かかってくるガソリン代は極力おさえたいもの。
日々の維持費をおさえたいなら、車選びをする上で燃費に照準を当てるのも賢い選択かも。

その他手続きの手数料もかかります。

その他、名義変更手数料やリサイクル費用、納車費用など、購入するケースによって発生する手数料があります。
ここもなんとか安く抑えたい・・・。


結論:安く車を購入するには ①安い車 ②エコカー減税対象車 ③燃費がいい車 をチョイス!

安い車をチョイス!

車両自体をお得に安く購入できたら嬉しいですよね。新車だけでなく、中古車も検討してみたらお得感たっぷりな車に出会えるかも。


エコカー減税対象車をチョイス!

「エコカー減税」とは、平成21年に税制改正によって実施された一定期間の特例措置。
近年の自動車は、ハイブリッドなど、低燃費を実現したことにより、エコカー減税を受けられる車がたくさん。低燃費、低排出ガスの仕様で地球にやさしい仕様の車のオーナーは、税金を減らしましょう、というものです。
これは新車のみならず「中古車も対象」なので、先に記した自動車税・自動車重量税・自動車取得税を安くしたい人は、エコカー減税対象車をチェック。

※エコカー減税は税の種類によって減税期間が異なります。

燃費がいい車をチョイス!

燃費がいい車だと1リットルで37kmも走り、燃費が悪い車だと1リットルで3kmしか走れないという衝撃の調査結果も。
エコカー減税対象車は燃費もいいので、エコカー減税対象車を探せば日々のガソリン代も軽くなる!

■ 税金や維持費など、結構費用がかかる車。だけどやっぱり車がないとできないことがたくさんあります。
車をもったら、あなたのライフスタイルはググッと便利なものに変わるでしょう。
賢く楽しく、そしてお得にカーライフを楽しむために、お金の話、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
安い車 トップへ