初めて車を買う予定のあなた、車を買う時って本体価格以外にもお金がかかるって知っていますか?

「そろそろクルマが欲しいな。」と思っている皆さま、お気に入りのクルマは見つかりましたか?
クルマを買うって、今までの人生で1番大きなお買い物になる人が多いのでは?
それほど大きなお買い物。だからこそ切っても切れないのが「お金」の話ですよね。

実はクルマって、他のお買い物のように「表示されている車両代」と「消費税」だけ払えばいいのではないんです!

様々な税金や、クルマを道路で乗るために登録する費用など、もろもろお金がかかるんです。
これを車屋さんでは“諸経費”と呼んでいます。
では、どんなものにどのくらいお金がかかるのか、やさしく解説していきましょう。


あなたの大切なお金。買う時にはどのくらいの予算を用意したらいいのか、考えておく準備の参考にしてみてくださいね。

「 税金だけで4種類」も課税されます。「道路を使う人として道路整備代を負担」という目的の税金もあるんです。

排気量によって税額が決まる「自動車税」

「 税金だけで4種類」も課税されます。「道路を使う人として道路整備代を負担」という目的の税金もあるんです。|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の2枚目の画像

出典: 221616.com

自動車の所有者に課税される税金の一種で、毎年4月1日時点での所有者に「排気量によって」課税されます。 道路を利用(することに対して、その整備費などを負担してもらう性格を持ち、各都道府県に申告・納税します。
(軽自動車には都道府県税の自動車税は課されず、市町村税である軽自動車税が課されます。)

◎具体的にいうと・・・
軽自動車で18000円/年、3500CC 〜4000CCの自動車で65000円/年 かかります。

車両の重さによって税額が決まる「自動車重量税」

「 税金だけで4種類」も課税されます。「道路を使う人として道路整備代を負担」という目的の税金もあるんです。|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の3枚目の画像

出典: 221616.com

車検などの際に自動車の重量などに応じて課税される税金で、国に対して申告・納税する国税です。
自動車重量税は「新車購入時、または車検の時に3年もしくは2年分」を支払います。税額は車検証に書かれている車重を基に計算されます。
なお、自動車税とは異なり「車検が残っている中古車を購入した場合、次の車検時までの分は支払う必要はありません。」

◎具体的にいうと・・・
軽自動車で13200円/3年、3500CCの車で平均80000円前後/3年  かかります。

車両の価格によって税額が決まる「自動車取得税」。50万円以下の中古車だったら非課税!

「 税金だけで4種類」も課税されます。「道路を使う人として道路整備代を負担」という目的の税金もあるんです。|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の4枚目の画像

出典: 221616.com

その名の通り自動車を取得(購入)したときにかかる税金で、都道府県および市町村の道路整備の費用として使われます。
税額は購入金額によって決まり、「取得価格が50万円以下の場合は非課税」となります。
税率は“普通車が5%”で“軽自動車は3%”、ハイブリッド車や電気自動車などエコカーの場合は税率が優遇されます。
中古車の場合は、新車時の価格を1として、経過年数により0.1~0.681の残価率をかけて計算されます。

◎具体的にいうと・・・
軽自動車は取得金額の3%、普通自動車は取得金額の5%  かかります。

車両やオプションなどの価格に8%かかる「消費税」

「 税金だけで4種類」も課税されます。「道路を使う人として道路整備代を負担」という目的の税金もあるんです。|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の5枚目の画像

モノのを買った場合に必ずかかる、おなじみの8%税率の税金です。新車でも中古車でもクルマの本体価格に含まれて表示されています。当然、ナビやフロアマットなどのオプションや付属品の購入時にもかかりますから、クルマの購入時にもっとも多くかかる税金といえるでしょう。

中古車ならではの手数料です。「名義変更手数料」

中古車ならではの手数料です。「名義変更手数料」|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の6枚目の画像

クルマの持ち主が変わった時に行う手続きです。名義変更は自分で行うことも可能ですが、手続きを販売店などに代行してもらう場合、一般的には手数料がかかります。

クルマを持つ時に、クルマを廃車にする時のために先に負担する「リサイクル費用」

クルマを持つ時に、クルマを廃車にする時のために先に負担する「リサイクル費用」|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の7枚目の画像

2005年1月からスタートした自動車リサイクル法の施行により、自動車の適正な処理を行うためクルマの所有者に課せられる費用です。

自動車リサイクル法は、循環型の社会をつくるためにクルマの再利用を進めていく法律で、エアバック類などのリサイクルや適正な処理を行っていくもので、購入時に販売店に支払うと代行して納めてくれます。
料金は自動車メーカー、車種、エアバッグ等の装備によって異なりますが、一般の車両だと7,000円〜18,000円位です。

安心して乗るために、とっても大切「納車整備費用」

安心して乗るために、とっても大切「納車整備費用」|「車を買う時にかかる「諸経費」をやさしく解説します☆」の8枚目の画像

出典: 221616.com

安心してクルマを乗るために欠かせない整備。

中古車で有名なガリバーは「中古車についてまわるマイナスイメージを覆し、良質な中古車を届けたい」という強い思いから、納車時に車検同様の点検や消耗品交換、法定点検でカバーされない装備品の点検など独自の高い基準でしっかり整備してくれるそうです。

ここをきちんとやってくれるお店が信頼できますよね。

車検有効期間が切れている中古車を買ったらかかる「車検代」

「車検」とは、「道路運送車両法」で定めらている「保安基準」に適合しているかを検査する車両検査のことです。
新車登録をしてから3年目が初回の車検となり、以後2年ごとに車検を受ける必要があります。
車検が切れたクルマは公道を走ることができず、もしも違反をすると罰則もあります。

「駐車場」がないと車を買うことができません。車を保管する場所の申請「車庫証明手数料」

車を持つならば、車のおうちとも言える駐車場は必須。「ここに停めますよ。」という証明 (車庫証明)を提出し警察署で認められないと、車を購入することができません。
自宅に駐車場がない場合は“近隣2km以内”に駐車場を借りる必要があります。

◎具体的にいうと・・・
車庫証明手数料は自治体によりますが、普通自動車で2700円前後、軽自動車で500円です。

駐車場を借りるなら、東京都内の駐車場賃料の相場はエリアによりますが、おおよそ15000円〜60000円/月(!!)
30000円/月だとしたら、1年間で360000円かかります。


その他、書類の作成や提出に手数料がかかるお店もありますので、購入を決める時によく聞いてみてくださいね。
詳しく説明してもらうことは、あなたが納得する機会であるのと同時に、もっとお安くしてもらう交渉ができるチャンスでもあります!

※その他、欠かせないのが「自動車保険」。大事な自動車保険については、別の記事で詳しく解説します。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
車 諸経費 トップへ