“ISならではの運転の楽しさ”を進化したマイナーチェンジ。

LEXUSは、中国・北京で4月25日(月)~5月4日(水)に開催される第14回北京モーターショーに、マイナーチェンジした新型スポーツセダン「IS」を出展します。

今回発表の新型ISは、歴代ISが受け継いできた個性をさらに際立たせるため、エクステリアをよりアグレッシブなデザインとしたほか、内装の質感を向上させています。
また、サスペンションの熟成による「さらなるハンドリングの気持ち良さ」、「乗心地の質感向上」により、“ISならではの運転の楽しさ”を進化させています。

さらに、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、LEXUSのアイデンティティとも呼べる「先進性」を一層強化しました。

IS購入者の半数以上が新規LEXUSユーザー

ISは、持ち味とするスポーティな走りとデザインで、レクサスラインアップのスポーツセダンとしてシェア拡大に大きく貢献してきました。

米国、欧州、日本などの地域では、“購入者の半数以上が新規LEXUSユーザー”であり、若年層を中心にレクサスユーザー層の拡大を図っていく重要モデルとなっています。

成長する“Near Luxury市場”で確固たる地位を築く個性

成長する“Near Luxury市場”で確固たる地位を築く個性|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の2枚目の画像

“Near Luxury市場”とは、日本では聞き馴染みがないですが、米国では高級車市場の一角を占める重要なカテゴリーとして存在している、いわば「中型高級車の市場」のことを指します。

ISが属するこの市場は年齢の若いユーザーが多く、性能面での評価に加えて何者にも似ていない個性が購入決定の重要な要素となるため、新型ISは従来から好評の「高い操縦安定性」に加え、それを象徴する「デザインのさらなる進化」を目指した、とトヨタ自動車がコメントしています。

好評だったISのエクステリアデザインが、よりアグレッシブに進化

好評だったISのエクステリアデザインが、よりアグレッシブに進化|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の3枚目の画像

ISの購入理由で最も多かったのが「エクステリアデザイン」でした。
今回は高く評価されたデザインの進化を狙い、デザインのキーワードを“Aggressive Sports”とし、ISが本来持つ力強くスポーティなイメージを一層際立たせるため、LEXUSのデザインアイコン「スピンドルグリル」を中心に構成されるスポーティな表情や、今にも走りだしそうな感覚を与えるスタイリングで、アグレッシブな進化を実現されました。

予防安全パッケージLexus Safety System +などの先進技術でドライビングをサポート

予防安全パッケージLexus Safety System +などの先進技術でドライビングをサポート|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の4枚目の画像

これまでもISは、ボディ剛性向上に寄与する溶接技術「レーザースクリューウェルディング」や、優れた操縦安定性を実現する車両の統合制御技術「レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム」(LDH)など、新技術を積極的に採用してきたレクサスですが、
今回のマイナーチェンジでは高い予防安全性能確保のため、“最新の予防安全パッケージLexus Safety System +”を採用し、先進性をさらに高めています。

新型ISは、本来の楽しい走りに加え、さらなる安心を提供することを目指しました。

デザインテーマは“Aggressive Sports”。何が変わったの?

デザインテーマは“Aggressive Sports”。何が変わったの?|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の5枚目の画像

従来型ISで好評だった高い走行性能を予感させるイメージを進化させ、よりアグレッシブなデザインとしています。

具体的には、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、フロントおよびリヤバンパーを中心に、力強くスポーティなスタイリングを実現、フロントまわりは、フェンダーからダイナミックにつながる塊感のあるバンパーコーナーで、スポーティでアグレッシブな造形を追求しています。

ヘッドランプはL字型のクリアランスランプと連続性を高め、内側に延長した特徴的な形状とし、鋭さを強調したデザインとしています。

デザインテーマは“Aggressive Sports”。何が変わったの?|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の6枚目の画像

そして、 LEXUSのデザインアイコンである「スピンドルグリル」は上下の比率を変化させ、グリル下部がより大きく広がり、両下端のブレーキダクトへ空気を導く機能性も表現した、低重心でスポーティな印象を与える造形としています。

デザインテーマは“Aggressive Sports”。何が変わったの?|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の7枚目の画像

また“F SPORT”は、3次元F字メッシュパターンにジェットブラックメタリックコーティングを施した独自のスピンドルグリルに、ブレーキダクトと関連を持たせたサイドガーニッシュを組みあわせ、スポーティなイメージの付与と空力性能向上を両立し、
リヤビューは、リヤコンビネーションランプの内部に大胆な造形のL字を3つ層状に重ねた奥行きのあるデザインや、エギゾーストパイプの形状変更により、スタンスの良さを強調しています。

インテリアは、質感が向上!

インテリアは、質感が向上!|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の8枚目の画像

インテリアは、機能性の向上やISが本来持つスポーティさを進化させるとともに、レクサスセダンとしての質感の高さを向上させていいます。

インテリアは、質感が向上!|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の9枚目の画像

マルチメディアディスプレイが10.3インチに拡大され、ナビゲーションやオーディオの情報をより大きくより鮮明に表示するとともに、リモートタッチ側面にEnterボタンを設置し、操作性も向上。

また、メーターフードは、スタートスイッチを押しやすい角度に調整したほか、フードステッチの通し方を変更することで、スポーティさを演出しています。

ヒーターコントロールパネルとオーディオパネルを、質感の高いヘアライン調に変更したうえで、大型化した二―パッドで両端から挟み込む構成とすることにより、車格感の向上を目指しました。

加えて、カップホルダーの使用性向上やアナログクロックの視認性向上など、細部に至るまで質感の高さと利便性を追求しています。

多面的な安全運転支援を強化。

多面的な安全運転支援を強化。|「進化した新型レクサス「IS」が北京でワールドプレミア!」の10枚目の画像

ISは、予防安全パッケージLexus Safety System +を新たに採用。こんなに安全装備をパッケージングしています。

■歩行者検知機能付衝突回避支援タイプの「プリクラッシュセーフティ」
■車線逸脱による事故の予防に貢献するステアリング振動機能付レーンディパーチャーアラート(LDA)
■夜間の前方視界確保を支援するためロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム(AHB)
■設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できレーダークルーズコントロール


日本での発売は、2016年秋頃の予定!

北京モーターショーで発表されるのは、4月25日(月)~5月4日(水)ですが、新型ISの日本での発売は、2016年秋頃を予定していそうです。
待ち遠しいですね!

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP