ミッドエンジンクーペが718シリーズのベースモデルとして登場

ミッドエンジンクーペが718シリーズのベースモデルとして登場|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の1枚目の画像

ポルシェ ジャパンは、水平対向4気筒エンジンを搭載したミッドシップクーペ、「718ケイマン」および「718ケイマンS」の予約受注を4月28日(木)より全国のポルシェ正規販売店にて開始いたします。

2017年モデル左ハンドル車の予約受注については、6月1日(水)から6月30日(木)の期間限定となります。

「718ボクスター」と同じエンジンに。先代モデルより馬力アップ!

「718ボクスター」と同じエンジンに。先代モデルより馬力アップ!|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の2枚目の画像

「718ケイマン」に搭載される4気筒水平対向ターボエンジンは、「718ボクスター」と共通のもので、クーペとロードスターの最高出力は初めて同じになりました。

ベーシックモデルである「718ケイマン」には最高出力220 kW (300 ps)の2リッターエンジンが、上位モデルの「718ケイマンS」には257 kW (350 ps)を発生する2.5リッターエンジンが搭載されます。これは先代モデルに対してそれぞれ18 kW (25 ps)増加し、新欧州サイクル(NEDC)による燃費は8.1リッター/100kmから5.7リッター/100kmとなります。

“0-100km/h加速タイムは「718ケイマン」は4.7秒”で、「ケイマンS」では“4.2秒”

 “0-100km/h加速タイムは「718ケイマン」は4.7秒”で、「ケイマンS」では“4.2秒”|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の3枚目の画像

718ケイマンのトルキーな新しいエンジンは、低回転域においてもドライビングの楽しさと優れた俊敏性を約束します。
2リッターエンジンは先代モデル比で90Nmアップの380Nmを1,950 rpmから4,500 rpmの間で発生します。
市販のガソリンエンジン車では「911ターボ」のみに採用されていたバリアブルタービンジオメトリー(VTG)を備えたターボチャージャー搭載の2.5リッターエンジンは、先代モデル比50Nmアップの420Nmを1,900 rpmから4,500 rpmにおいて発生します。これはドライバーが広いエンジンの回転域で、より大きなトルクを得られることを意味します。

オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の「718ケイマン」による“0-100km/h加速タイムは4.7秒”で、同仕様の「ケイマンS」では“4.2秒”となります。
最高速度は718ケイマンで275 km/h、718ケイマンSでは 285 km/hに達します。

718の名は1957年に製作されたレーシングカー「ポルシェ718」に由来。

718の名は1957年に製作されたレーシングカー「ポルシェ718」に由来。|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の4枚目の画像

「718ケイマン」の優れたドライビングダイナミクスは、サーキットで活躍したオリジナル「718」から受け継いだものです。
歴史に残るミッドエンジンスポーツカーである「718」のオリジナルモデルは、その俊敏性を武器にタルガ・フローリオやル・マン24 時間レースなど1950 年代と60 年代に数々のレースで優勝を飾りました。

「718ケイマン」では一新されたシャシーにより、横方向の剛性とホイールの位置決めが向上しました。
スプリングとスタビライザーのレートがさらに引き上げられ、ショックアブソーバーのチューニングも変更されています。
10%ダイレクトな設定のステアリングギア比は、俊敏性とドライビングプレジャーをより高めます。0.5インチワイドになったリヤホイールは、新しいタイヤとの組み合わせで、横Gの最大値を高めコーナリングの安定性を改善します。

走る、止まる、どちらもさすがのクオリティ。

走る、止まる、どちらもさすがのクオリティ。|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の5枚目の画像

スポーツクロノパッケージやポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)などのドライビングダイナミクスオプションによって、「718ケイマン」のスポーツ性をさらにカスタマイズすることができます。
「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」をオプションで選択すると車高は10mm低くなり、「ケイマンS」に初めて採用される「PASMスポーツサスペンション」では20mm低い設定となります。

他のポルシェ スポーツカー同様に、スポーツクロノパッケージはステアリングホイールのプログラムスイッチを介して調節することができます。先代の“ノーマル”、“スポ-ツ”、“スポーツ・プラス”に加えて“インディビジュアル”プログラムが追加されています。


向上したドライビングパフォーマンスに見合うよう強化されたブレーキシステムは、フロントに330mmディスク、リアに299 mmディスクが採用されています。「718ケイマン」には「ケイマンS(タイプ981)」のブレーキシステムが装着されており、一方「718ケイマンS」には、「911カレラ」の4ピストン式キャリパーと6mm厚いフロントディスクが採用されています。

サイドのエアインテーク、スポーツカーっぽさムンムンで、もう首ったけですから♡

サイドのエアインテーク、スポーツカーっぽさムンムンで、もう首ったけですから♡|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の6枚目の画像

ニュー「718ケイマン」のデザインの進歩は、テクノロジー同様広範囲にわたっています。
緊張感のあるプロポーション、フロントとサイドの目立つエアインテーク、そして低いサイドプロフィールがダイナミックな雰囲気を強調しています。
いっそうシャープな形状となったノーズは、フロントエンドにいっそうワイドで力強い印象を与えます。

パーキングライトとインジケーターライトを含むサイドエアインテーク上の細長いフロントライトが、この印象をさらに強めています。大型のクーリングエアインテークと新デザインのバイキセノンヘッドライトが、「718ケイマン」のフロントエンドを作り上げています。

後ろ姿もガラリと変わりました。ランプが点灯した時がまたかっこいい!

後ろ姿もガラリと変わりました。ランプが点灯した時がまたかっこいい!|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の7枚目の画像

新たに4点式のLEDヘッドライトもオプションで装着可能です。
ニューケイマンのサイドビューは、目立つフェンダーとサイドシルが特徴的です。新しくなったリアは、“Porsche”ロゴを冠したハイグロスブラックのテールライト間のアクセントストリップによって、さらにワイドなアピアランスとなっています。
一新されたテールライトでは、3Dテクノロジーと4灯のスポットライトによるLEDブレーキライトが際立ちます。

これぞ最新コックピット!スマホ連動装備にボイスコントロールナビ付でドライブをサポート。

 これぞ最新コックピット!スマホ連動装備にボイスコントロールナビ付でドライブをサポート。|「ポルシェが待望の「718ケイマン」の予約を4月28日から開始!」の8枚目の画像

インテリアも新しくなっています。エアベントを含むダッシュパネル上部が新しくなり、標準装備されるポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)とともに、「918スパイダー」から流用された新しいスポーツステアリングホイールと広範な接続オプションが「718ケイマン」のコックピットに追加されています。

オーディオインターフェース、および150Wのサウンドパッケージ・プラスのすべてが標準装備に含まれます。PCMの拡張オプションも用意されており、その中には「Apple CarPlay」などスマートフォン専用の拡張機能も含まれます。

「ボイスコントロール付ナビゲーションモジュール」は、目的地の入力を容易にします。
コネクト・プラスオプションを選択すると、ポルシェ専用SIMカードが提供されることによってリアルタイム交通情報が追加され、さらにポルシェ・コネクトアプリを含むスマートフォンを介した広範な追加サービスを利用することもできます。

4グレード展開で、価格は6,190,000円から8,654,000円。

いかがですか?「718ケイマン」は、更なる性能と効果的な外見を得て、先代よりさらに魅力を増しています!
「718ボクスター」がジュネーブショーで初披露されてからわずか数週間後、「718ケイマン」の登場によりポルシェは718モデルシリーズのラインナップを拡大します。


気になる価格はこちら!
「718ケイマン」 6速MT 右 / 左  6,190,000円
「7速PDK」 右 / 左  6,714,000円
「718ケイマンS」 6速MT 右 / 左  8,130,000円
「7速PDK」 右 / 左  8,654,000円

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP