スズキが太陽光発電所を建設。今年7月に完成予定。

スズキは、静岡県牧之原市の中里工業団地に太陽光発電施設「スズキ牧之原太陽光発電所」の建設を進めています。
すでに最大能力20MW(メガワット)の発電所として昨年10月より試験運転を開始していますが、現在発電量を更に増加させるための増設工事を実施しており、完成は2016年7月末を予定してしています。

スズキが太陽光発電所を建設。今年7月に完成予定。|「スズキが「太陽光発電所」を作ってるって知っていましたか?」の1枚目の画像

「スズキ牧之原太陽光発電所」は、中里工業団地に自社が持つ42万m2の土地と相良工場敷地の一部をあわせた計46万m2の敷地に、約11万枚のソーラーパネルを設置します。
増設後の年間発電電力量は、一般家庭8,900世帯分に相当する約32,200MWh(メガワットアワー)を予定しており、総投資額は約79億円となり、発電した電力は全量中部電力へ売電予定です。

スズキの太陽光発電事業は、昨年6月には浜松市北区都田町の浜松工場屋上に設置した0.9MWの発電所が稼働しており、さらに10月より浜松市西区舞阪町の遊休地にスズキグループとして、4MWの発電所が稼働を開始しています。

「スズキ牧之原太陽光発電所」の稼働により、スズキグループの太陽光発電所の総設備容量は約25MWとなります。これらの太陽光発電所稼働によるCO2排出量削減効果は、スズキ国内工場の2014年度CO2排出量の9.8%を見込んでいます。

「太陽光発電」ってどんなメリットがあるの?

太陽光発電は、その名のとおり太陽光を太陽電池に蓄電し、そのエネルギーを必要な電圧や周波数に変換するインバーターを通して電気として使える発電システムです。

原理的に機械的故障が起きにくく、規模を問わず発電効率が一定なため小規模・分散運用に向いていて、発電時に廃棄物や排水、排気、騒音、振動などが発生しないため、人にも環境に優しいエネルギーです。

他の発電システムよりも発電のコストが割高ですが、これらのメリット、そして蓄電池利用で非常用電源ともなりうるので、これからますます普及されることが期待されてています。

スズキは発電事業を通じて地域に貢献するとともに、エネルギーの地産地消を進め地球温暖化の抑制や環境保全の取り組みを強化していくそうで、素晴らしい企業姿勢ですね!

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP