マツダの研究者が、昨年のクリーンディーゼルエンジンに続き、今年も科学技術賞を受賞!

 マツダの研究者が、昨年のクリーンディーゼルエンジンに続き、今年も科学技術賞を受賞!|「2年連続で文科大臣賞を受けたマツダの技術進化が止まらない!」の1枚目の画像

マツダは、マツダの研究者3名が「キャパシタを用いた乗用車用減速回生システムの開発」において、「平成28年度科学技術分野における文部科学大臣表彰」の科学技術賞(開発部門)を受賞したと発表しました。

この賞は「科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者」に与えられるものであり、マツダの受賞は昨年のSKYACTIV-D(スカイアクティブ ディー)に続き、今回が4回目です。

減速時に放出していたエネルギーを電気エネルギーとして回収し、再利用するスゴいシステム!

 減速時に放出していたエネルギーを電気エネルギーとして回収し、再利用するスゴいシステム!|「2年連続で文科大臣賞を受けたマツダの技術進化が止まらない!」の2枚目の画像

減速エネルギー回生システムは、クルマが減速時に放出していた運動エネルギーを電気エネルギーとして回収し、再利用することで燃費向上を図るものです。

本システムでは、減速時のエネルギー回生能力を高めるため、エンジンで駆動発電しているオルタネータの電子回路部を小変更することで最高電圧を従来の12V程度から25Vに引き上げるとともに、瞬時に大きなエネルギーを貯めることができる低抵抗で小型な電気二重層キャパシタを世界で初めて乗用車に本格採用しました。
これにより、クルマが走行中に消費する電気エネルギーをエンジンによる発電にほとんど頼ることなく、減速時に回生したエネルギーだけで概ねまかなうことが可能となりました。

2012年のアテンザ以降、マツダの全車に標準装備。燃費が10%向上↑↑

本システムを内燃機関搭載車に適用することで、10%程度の燃費向上が期待でき、グローバルな規模において、CO2の低減に大いに効果的であることなどが高く評価されました。

 なお、この技術は「i-ELOOP」(アイ・イーループ)として、2012年のマツダ アテンザ以降、新型車に設定し、燃費の向上、CO2排出量の低減に貢献しています。

勢いがあるマツダ。これからの研究・開発がますます楽しみ!

自分の車が減速する時に出た力を利用して、自分の車のエネルギーにする自給自足、素晴らしい発想と技術開発ですね。

マツダは「今回の受賞を励みに、さらなる安全技術・環境技術の向上をめざした開発を継続し、走る歓びをお届けすることで、お客さまに選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していきます。」とコメント。
本当にこれからのマツダのさらなる技術革新が楽しみです!


今回の功績を挙げられたのはこちらの3名の研究員の方々です。
【受賞概要】
業績名: 「キャパシタを用いた乗用車用減速回生システムの開発」
開発ご担当者:
藤田 弘輝さん( マツダ株式会社 技術研究所)
高橋 正好さん( マツダ株式会社 パワートレイン開発本部)
平野晴洋さん (マツダ株式会社 パワートレイン開発本部)

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP