富士重工業株式会社が来春、「株式会社SUBARU」に社名を変更!

富士重工業株式会社は、臨時取締役会において、2017年4月1日付(予定)で、社名(商号)を「株式会社SUBARU」(かぶしきがいしゃすばる、英文表記:SUBARU CORPORATION)に変更することを決議しました。

2016年6月28日開催予定の第85期定時株主総会で定款変更が承認されることを条件として、社名変更を実施します。

飛行機開発から始まった富士重工業。過去には電車も作っていた、多ジャンルメーカー。

 飛行機開発から始まった富士重工業。過去には電車も作っていた、多ジャンルメーカー。|「スバルが更に強くなる!?富士重工業が社名を「SUBARU」に変更」の2枚目の画像

富士重工業は、1917年に創設された飛行機研究所(後の中島飛行機株式会社)を源流とし、幾多の変遷を経て1953年に現在の富士重工業株式会社として設立されました。

その後、1958年発売の軽自動車 「スバル360」に端を発するスバルブランドの自動車事業を中心に、航空宇宙、産業機器などの各事業を発展させてきました。

力強く成長する「スバル」ブランド。自動車、航空宇宙事業、共に更なる拡大に向けて・・・。

 力強く成長する「スバル」ブランド。自動車、航空宇宙事業、共に更なる拡大に向けて・・・。|「スバルが更に強くなる!?富士重工業が社名を「SUBARU」に変更」の3枚目の画像

現在、スバルの自動車事業は世界90カ国以上に展開されていて、2017年3月期は初の年間販売台数100万台超え(連結販売台数1,050千台)を見込むなど、世界各国で力強い成長を続けています。

2014年5月に発表した中期経営ビジョン「際立とう 2020」では、2020年のありたい姿を「大きくはないが 強い特徴を持ち 質の高い企業」と定め、その実現に向けて“スバルブランドを磨く”と“強い事業構造を創る”ことに取り組んでいます。

今回、創業100周年を機に、長年皆様に親しまれてきた社名を変えてブランド名と統一させる目的は、この“スバルブランドを磨く”取り組みをさらに加速させ、スバルを自動車と航空宇宙事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させることにあります。

スバル車のように、ますます“存在感があって安心できて愉しめる”企業を目指すSUBARU社。

 スバル車のように、ますます“存在感があって安心できて愉しめる”企業を目指すSUBARU社。|「スバルが更に強くなる!?富士重工業が社名を「SUBARU」に変更」の4枚目の画像

引き続き、「株式会社SUBARU」においても、経営理念である「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」ことを堅持し、長年培ってきた「安心と愉しさ」という固有の価値をお客様に提供し続けることで、更なる持続的成長を目指してまいります、と富士重工業はコメントを発表しています。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP