トヨタのハイブリッド車、累計900万台以上を販売!

トヨタのハイブリッド車、累計900万台以上を販売!|「トヨタのハイブリッド車、累計販売台数が世界で900万台突破!!」の1枚目の画像

トヨタは、環境への対応を経営の最重要課題の一つと位置付け、「エコカーは普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、これまでハイブリッド車の普及に取り組んできました。

1997年8月に日本でコースターハイブリッド「EV」を発売、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「 プリウス」を発売。2015年7月末の800万台突破から約9か月で累計販売台数900万台を達成しました。

90カ国以上に普及しているトヨタのハイブリッド車。

90カ国以上に普及しているトヨタのハイブリッド車。|「トヨタのハイブリッド車、累計販売台数が世界で900万台突破!!」の2枚目の画像

トヨタは直近の1年でも、「シエンタ」(昨年7月発売)にハイブリッドモデルを追加したほか、4代目となる「プリウス」(昨年12月発売)の販売を開始。

海外では、「RAV4」にハイブリッドモデルを追加(昨年11月発売)し、中国には現地産ハイブリッドユニットを搭載した「カローラハイブリッド」、「レビンハイブリッド」(昨年10月発売)を投入。

2016年4月末現在、約90以上の国・地域でハイブリッド乗用車33モデル、プラグインハイブリッド車(以下、PHV)1モデルを販売しています。

目標は、2020年までに1500万台突破し、環境にもっと優しい車社会を作ること。

 目標は、2020年までに1500万台突破し、環境にもっと優しい車社会を作ること。|「トヨタのハイブリッド車、累計販売台数が世界で900万台突破!!」の3枚目の画像

トヨタは昨年10月に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、地球環境の問題に対してクルマの持つマイナス要因を限りなくゼロに近づけ、持続可能な社会の実現に貢献するためにトヨタが取り組むべきチャレンジを掲げました。

チャレンジの実現ために、ハイブリッド車についてはさらなるラインナップの拡充に努め、2020年までに年間で150万台、累計で1500万台の販売を達成することで環境への貢献を進めていきます。

クルマのCO2排出削減に大きく貢献!

クルマのCO2排出削減に大きく貢献!|「トヨタのハイブリッド車、累計販売台数が世界で900万台突破!!」の4枚目の画像

なお、2016年4月末までに販売したハイブリッド車のCO2排出抑制効果は、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車のCO2排出量と比較し、約6,700万トンに上るとトヨタでは試算しており、気候変動の原因の一つとされるCO2の削減に寄与したと考えています。

また、ガソリン消費抑制量は同等クラスのガソリンエンジン車のガソリン消費量と比較し、約2,500万kLの効果があったと試算しています。

ハイブリッド技術は、“21世紀の環境コア技術”。

ハイブリッド技術は、“21世紀の環境コア技術”。|「トヨタのハイブリッド車、累計販売台数が世界で900万台突破!!」の5枚目の画像

トヨタは、各種エコカー開発に必要な要素技術を含み、様々な燃料と組み合わせることができるハイブリッド技術を「21世紀の環境コア技術」と位置付けています。

今後も、さらなる高性能化やコスト低減、商品ラインナップの拡充に取り組んでいく方針です。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP