プジョー208 R2が、ライバルを大きく引き離して初優勝★

プジョー208 R2が、ライバルを大きく引き離して初優勝★|「全日本ラリー選手権でプジョー 208 R2、圧倒的速さで初優勝!」の1枚目の画像

全日本ラリー選手権第3戦が、若狭湾に面する福井県おおい町を起点に、5 月 21 日(土)、22 日(日)の 2 日間にわたって開催されました。

FIA R2 規定の 208 R2 で JN5 クラスに参戦する「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」の柳澤宏至選手は、最初のスペシャルステージ(SS)からクラス首位に立ち、その後も後続との差を広げる圧倒的な速さを披露しました。

2日目に入ってもその勢いは衰えず、柳澤選手は最終的にクラス 2 番手のライバルを 28.1 秒引き離して、全日本選手権で、プジョー 208 R2 の初優勝を達成しました。

プジョー 208 R2 ドライバー、柳澤宏至選手のコメント

プジョー 208 R2 ドライバー、柳澤宏至選手のコメント|「全日本ラリー選手権でプジョー 208 R2、圧倒的速さで初優勝!」の2枚目の画像

「第 2 戦は悔しいリタイアとなってしまったので、今回はなんとか勝ちたいと思っていました。SS1 からタイムを出すことができ、いい流れを最後まで維持できたと思います。

マシンにはトラブルもなく、タイヤの摩耗についても問題はありませんでした。ここで大きなポイントを獲れたことは、今後の選手権を戦ううえでも大きな弾みとなります。
今回は加勢選手をコ・ドライバーに迎えましたが、コンビネーションには問題もなく、前戦に引き続きプジョー 208 R2 の高いポテンシャルをしっかり見せられたと思います。

次の福島戦はグラベル(未舗装路)ラリーです。208 R2 でグラベルを走るのは初めてですので、早めにテストをして、しっかりと準備をして臨みたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」

「208 GTi」も4位に入り、上位に2台入ったのはプジョー勢のみ!

「208 GTi」も4位に入り、上位に2台入ったのはプジョー勢のみ!|「全日本ラリー選手権でプジョー 208 R2、圧倒的速さで初優勝!」の3枚目の画像

一方、初めて 「208 GTi」 のステアリングを握った村田康介選手は、JN5クラス上位に迫るタイムを記録し、4 位で完走を果たしています。

プジョー・シトロエン・ジャポンは、「2016 年全日本ラリー選手権参戦を通してプジョーのモータースポーツ活動を盛り上げるとともに、プジョー車全体のさらなる拡販を目指していまいります。」とコメントしています。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP