トヨタがマレーシアで市場拡大に向け、車両工場建設を核として現地生産体制を再編します。

 トヨタがマレーシアで市場拡大に向け、車両工場建設を核として現地生産体制を再編します。|「トヨタ、マレーシアで新工場新設し生産体制をがっちり強化!」の1枚目の画像

乗用車専用工場を建設。

トヨタが発表した今回の再編は、マレーシアにおける合弁事業会社UMW Toyota Motor Sdn. Bhd.(以下、UMWT)が、車両生産子会社Assembly Services Sdn. Bhd.(以下ASSB)を通じて行うもので、乗用車と商用車を混流生産する既存工場での乗用車生産を2019年初に終了し、乗用車専用工場を新たに建設します。

新工場は、年間5万台の生産能力の規模。

セランゴール州クラン市に建設する新工場への投資額は約490億円で、伸縮自在ラインやコンパクトな塗装ブースなど、メキシコ新工場・中国新ラインと同様の革新的生産技術を導入し、2019年初より年産5万台の生産能力で稼働を開始します。

 トヨタがマレーシアで市場拡大に向け、車両工場建設を核として現地生産体制を再編します。|「トヨタ、マレーシアで新工場新設し生産体制をがっちり強化!」の2枚目の画像

現在の工場は商用車生産に。どちらも専門性を持って生産性を上げる!

一方、1968年にコロナ・カローラのCKD生産からスタートした現在の工場は、商用車生産に特化させるとともに、車両構造・サイズに応じて工程や物流を最適化することで、生産性を向上させます。

現在マレーシアで生産している車種は、ハイラックス、フォーチュナー、イノーバ、ハイエース、カムリ、カムリ ハイブリッド、ヴィオスです。

トヨタの高見常務役員、「もっとマレーシアのお客様に高品質な車を届けたい。」

 トヨタがマレーシアで市場拡大に向け、車両工場建設を核として現地生産体制を再編します。|「トヨタ、マレーシアで新工場新設し生産体制をがっちり強化!」の3枚目の画像

トヨタの高見常務役員(画像左から2人目)は、「今回の新工場は、昨年新設を決定したメキシコ新工場・中国新ライン、本年開所したインドネシア・ブラジルの新エンジン工場に続き、『競争力ある新しい工場づくり』を実践するもの。最新鋭の生産技術の導入に加え、『もっといいクルマづくり』を支える人材育成に尽力することで、UMWTを通じてより高品質の車をマレーシアのお客様へ届けたい。」と述べました。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP