トヨタ、一般道で走行可能な自動運転車を伊勢志摩サミットに提供。

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2016年5月26日~27日に開催した第42回先進国首脳会議(通称、伊勢志摩サミット)に、一般道での自動運転走行を目指し開発中の、新型自動運転実験車(Urban Teammate)を提供しました。

今回の実験車は、「Lexus LS」にUrban Teammateを搭載。一般道の自動走行に必要となる歩行者、二輪車、障害物を検出可能とするほか、交差点での右左折や信号機認識、道路規制情報に従い走行することを念頭に開発されているクルマです。

昨年公表した「自動車専用道路」用からパワーアップ!「一般道」も可能なシステムを搭載。

 昨年公表した「自動車専用道路」用からパワーアップ!「一般道」も可能なシステムを搭載。|「トヨタ、伊勢志摩サミットに 新型自動運転実験車提供」の1枚目の画像

「Urban Teammate」とは、2015年10月に公表した、自動車専用道路上の入口ランプウェイから出口ランプウェイまで自動走行することが可能とする「Highway Teammate」に続いて、自動運転車の第2弾。

トヨタ独自の自動運転の考え方「人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間(パートナー)のような関係を築く」というコンセプトがもとで開発された自動運転システムです。

センサーやシステムの小型化、低コスト化もしっかり目指す。

センサーやシステムの小型化、低コスト化もしっかり目指す。|「トヨタ、伊勢志摩サミットに 新型自動運転実験車提供」の2枚目の画像

センサーとしてGPSやカメラに加えて、周囲の距離画像計測機能を備える新規開発の「SPAD Lidar」を新たに搭載。

「SPAD Lidar」は、豊田中央研究所と共同開発した高解像度レーザーレーダーで、従来のものに比べ大幅な小型化、低コスト化を実現しています。

今後はさらに精巧化されそう!

今後はさらに精巧化されそう!|「トヨタ、伊勢志摩サミットに 新型自動運転実験車提供」の3枚目の画像

今後は、2015年12月に発表した、市販車に搭載しているカメラやGPSを活用して自動運転の走行に必要な高精度地図を自動的に生成する「地図自動生成システム」や「AI」などを追加搭載し、Urban Teammateを常に進化させることで、より複雑な交通環境下で自動運転の実験を実施していく予定です。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP