プジョー208 R2、2016年全日本ラリー選手権第6戦「モントレー2016 in 嬬恋」に参戦!!

プジョー 208 をベースとしたラリー専用車「208 R2」が、2016年全日本ラリー選手権第6戦「モントレー2016 in 嬬恋」に参戦しました。ドライバーの柳澤宏至選手はウェットコンディションとなった難しいラリーを走りきり、3位表彰台を獲得。柳澤選手は JN5 クラスのドライバーランキングで首位の座を維持しています。

ウェットとドライが混在する難しいコンディションをミスなく完走し、3 位!

ウェットとドライが混在する難しいコンディションをミスなく完走し、3 位!|「プジョー 208R2、全日本ラリー選手権第6戦で3位表彰台を獲得☆」の2枚目の画像

第6戦は高原の避暑地、群馬県嬬恋村周辺のターマック(舗装路)を舞台に、8月27日(土)〜28 日(日)の日程で行われました。208 R2 で JN5 クラスを戦う「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」の柳澤選手は、強く雨が降り続き、霧も出た初日に安定したスピードを披露。

2日目に入り、ウェットとドライが混在する難しいコンディションをミスなく完走し、3位でラリーを終えました。

JN5 クラスのドライバーランキング首位・柳澤宏至選手のコメント

JN5 クラスのドライバーランキング首位・柳澤宏至選手のコメント|「プジョー 208R2、全日本ラリー選手権第6戦で3位表彰台を獲得☆」の3枚目の画像

ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム:柳澤宏至選手(左)/中原祥雅選手(右)

「多くの車両が参戦し、JN5 クラスはいつも以上に白熱した戦いになりました。そんななかで、しっかりとポイントを獲得できたことは良かったと思います。ドライバーズランキングでライバルをリードするという、スタート前に掲げていた目標は果たせました。

これまでは208 R2でウェットターマックを走る機会がありませんでしたが、安心してステージを攻めることができました。それは、ここまでの戦いの経験によって、マシンがあらゆる局面でしっかり走ってくれるという特性を分かっていたからです。

次戦のラリー北海道はハイスピードグラベルで、僕も得意にしています。208 R2 で走ることが楽しみです」とコメントしています。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP