「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の累計来場者数1,300万人達成で、社会福祉法人に「マツダ ビアンテ GRANZ-SKYACTIV 助手席リフトアップシート車」を贈呈

マツダは、2016年7月13日に「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の累計来場者数が1,300万人を達成したことを受けて、「社会福祉法人 交響 障がい者就労支援事業所 うぐいす共同作業所」(広島市東区)に、福祉車両「マツダ ビアンテ GRANZ-SKYACTIV 助手席リフトアップシート車」を贈呈することを決定しました。

来場者数100万人を達成するごとに、マツダの福祉車両を1台贈呈する社会貢献活動を実施

今回の贈呈にともない、9月7日に同球場で開催される「広島東洋カープ 対 中日ドラゴンズ」の試合開始前に、マツダの小飼 雅道 代表取締役社長兼CEOより、贈呈先の代表者に目録をお渡しするセレモニーを行う予定です。

 この取り組みは、マツダが広島市民球場の命名権に応募した際に、社会貢献活動の一つとして広島市に提案したもので、2009年以降来場者数が100万人を達成するごとに、社会福祉法人 広島市社会福祉協議会により選定された社会福祉団体に、マツダの福祉車両を1台贈呈するものです。

マツダ小飼社長「マツダの福祉車両をお贈りできることを大変うれしく思っている」

今回の贈呈にあたり、小飼社長は「『MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島』の累計来場者数1,300万人達成をお祝い申し上げますとともに、マツダの福祉車両をお贈りできることを大変うれしく思っております。選手たちが魂を込めた1球1球が、優勝を心から願うファンと地域をさらに盛り上げてくれると確信しております。

「今後も1台でも多くのマツダの福祉車両を贈呈できることを期待しています」

私たちも、お客様にお届けするクルマが持つ1台の重みを強く意識して、これからもマツダらしいクルマづくりを進めてまいります。最後に、贈呈先である社会福祉団体様でマツダ車がお役に立てることを願うとともに、今後も1台でも多くのマツダの福祉車両を贈呈できることを期待しています」と語りました。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP