1989年の『愛しあってるかい!』出演をきっかけに女優へ転向し、『いちご白書』、『アナザヘヴン』、『スカイハイ2』や、『孤独のグルメ Season2』など多数のドラマや、映画や舞台。幅広く演技を魅せるとよた真帆さん。今回は、とよた真帆さんがこれまでに乗ってきた9車種をご紹介します。

とよた真帆さんのプロフィール

本名: 青山 真穂
生年月日: 1967年7月6日
出生地: 日本 東京都
身長: 173cm
血液型: A型
活動期間: 1980年代中期 - 現在

1990年 23歳 ジャガー XJ-SH.E.

スポーツカーであったEタイプの後継車種として当初「XK-F」というコードネームを与えられるも、新たな市場を開拓すべく高級グランツーリスモとしての開発が進められ、「XJ27」に改められた。

1992年 25歳 サーブ サーブ9000

1984年にサーブの新しいフラッグシップモデルとしてデビュー。5ドアハッチバックのみであったが、後に4ドアセダンが追加。
前期型では2Lエンジンのみ、中期型で2.3Lが追加され、スポーツハッチバックの「タラテガ」と同じくハッチバックの「CS」が追加、後期型では「タラデガ」に代わって「エアロ」、上級仕様の「グリフィン」が追加された。

1993年 26歳 キャデラック フリートウッドブロアム

1985年、キャデラックのフルサイズ「デビル」がダウンサイズされFFフルサイズ化し、その上級モデルの「フリートウッド」が登場。ダウンサイズ前のFRフルサイズは「フリートウッド・ブロアム」のみとなる。

1994年 27歳 ジャガー ソブリン

1994年、大規模なマイナーチェンジを受けX300系になったソブリン。
直列6気筒エンジンは排気量こそ変わらないもののAJ6からAJ16エンジンに変更を受け、ジャガー史上初となる過給エンジンも登場。

28歳、30歳 ジープ グランドチェロキー

1992年デビューの先代から、フルモデルチェンジによって生まれ変わった、グランドチェロキー。ジープブランドでチェロキーの上位に位置するモデル。ボディは、アメリカンサイズともいえる一回り大きくなり、フロントにはジープブランドのシンボルとなる7本の縦型スロットグリル、伝統的なデザインを踏襲しながらも全体に丸みを帯びたデザインとなった。

2001年 34歳 メルセデス・ベンツ 280SLカブリオレ

石油ショックに対応したモデルとして2前倒しでラインナップされたモデル。
1986年に最後のマイナーチェンジが行われ、280SLは300SLに置き換えられた。

35歳、38歳 クライスラー PTクルーザー

クライスラー・エアーフローを近代的にアレンジし直した曲線を多用したデザインが特徴。
室内空間は緻密に設計されており、快適で車輌感覚も掴みやすく、実用車として抜かりはない。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
とよた真帆 車 トップへ