コントグループ、シティボーイズとしてデビュー。のちに俳優としても活躍されており、池袋ウエストゲートパークや神の舌を持つ男などにも出演されています。
今回はそんなきたろうさんのこれまでの愛車をご紹介していきます。

きたろうさんのプロフィール

本名: 古関安広(こせき やすひろ)
ニックネーム: きたろうさん
生年月日: 1948年8月25日
出身地: 千葉県市川市
血液型: O型
グループ名: シティボーイズ
相方: 大竹まことさん、斉木しげるさん

1978年 30歳 ホンダ シビック

シビックという単独ネームで呼ばれるモデルは3ドアハッチバックスタイルのもので、4ドアはシビックフェリオというネーミングで区分けされている。駆動方式は全車FFで、フェリオのように4WDのラインアップはない。

1981年 33歳 ホンダ アコードサルーン

プリモ店、ベルノ店で販売されるトルネオと兄弟関係にある。駆動方式はFFとデュアルポンプ方式の4WDの2種。

1985年 37歳 ホンダ レジェンド

215馬力の3.5L・V6ユニットをフロントに搭載、フロントホイールをドライブするFF方式を採用する。組み合わされるミッションは、ゲート式セレクターで操作する4ATのみ。

1990年 42歳 トヨタ ランドクルーザー

ランドクルーザー100シリーズより、全長×全幅は大型化、8名定員の3列シートを配する。岩石路、砂地路、急坂路など微妙な速度調節が必要となる路面状況で、エンジンとブレーキを自動制御して極低速を維持し、優れた車両安定性を実現する世界初のクロールコントロールを、また走行状況に応じて、前後スタビライザーの作動を最適に制御する日本初のキネティックダイナミックサスペンションシステム(KDSS)を設定する。

1993年 45歳 GMC タイフーン

GMC・サファリ/シボレー・アストロに搭載された4,300ccV型6気筒のLB4型を三菱TD06-17Cターボチャージャー+ギャレット水冷/空冷インタークーラーで過給、スモールブロックエンジン用の吸気/排気マニホールドとスロットルボディ流用などのチューニングで最高出力280hp(209kW)、最大トルク49.7kg-m(488N-m)を発揮する。

1996年 48歳 シトロエン XM

シトロエンのフラッグシップモデルXMには、サルーンのエクスクルーシヴとワゴンのブレークの2タイプボディを用意。グレードはそれぞれにモノグレードとなる。

1999年 51歳 マセラティ クアトロポルテ

上品なウッド&レザーのインテリアを採用し、高級サルーンらしい演出が行われている。安全装備としてデュアルエアバッグ&ABSを標準で装着。左ハンドルのみの設定となる。

2003年 55歳 スズキ ジムニー

全車4ナンバー商用登録で、前席優先の4名定員。フルメタルドアは後部座席部分を幌タイプ「CC」に、パノラミックルーフ「EC」は天井左右にガラス部分をもったハイルーフ設定。上級「HCと標準「HA」。

2006年 58歳 スズキ カプチーノ

世界的に見ても珍しい、極小コンパクトボディにFR後輪駆動を採用する、フルオープン2シーター。エアバッグ、ABS、LSDはオプション、エアバッグ装着時はステアリングチルト&テレスコ機構はレスとなる。

2007年 59歳 プジョー クーペ407

スポーティーサルーンプジョー406より8年6ヶ月ぶりのフルモデルチェンジした407シリーズ。エンジンバリエーションは、2.2Lエンジン/4速AT及び、3Lエンジン/6速ATモデルで、いずれもセダンとSWのボディタイプ、全車右ハンドル仕様となる。

2012年 64歳 プジョー 508SW

プジョーの最上級モデル「508」シリーズ。新しいプジョーデザインを採用した初の量産モデルであると同時に、プジョーのフラッグシップモデルとしての役割も担う。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
きたろう 車 トップへ