三鷹市総合スポーツセンターの命名権を、富士重工業が取得!

三鷹市総合スポーツセンターは、東京都三鷹市が建設中の三鷹中央防災公園・元気創造プラザ内に整備する三鷹市のスポーツの拠点施設。

災害時には一時避難場所にもなる防災公園と一体となった建物内に、メインアリーナ、プール、武道場などを配置し、多彩なスポーツ施策を展開するとともに、軽スポーツから競技スポーツまで幅広く利用できる施設です。

富士重工業は、三鷹市総合スポーツセンター(三鷹市新川)について、その命名権(ネーミングライツ)を取得しました。

前身の「中島飛行機」時代から三鷹市に拠点を置く富士重工業

富士重工業は、三鷹市において前身の「中島飛行機」時代に三鷹研究所(現在の東京事業所)を開設して以来、現在もエンジンなど自動車パワーユニットの研究開発を中心に事業を行っています。

よって市や地域の方々から多大な支援や協力を受けていて、富士重工業も交通安全教室や事業所納涼祭などを通じて、地域貢献・交流に努めています。

施設の愛称は「SUBARU  総合スポーツセンター」。このネーミングは、富士重工業が2017年に創業100周年を迎え、同年4月には株式会社 SUBARU となることから、市民にSUBARUをより身近な存在に感じて欲しいと願いがこめられています。

「スバル→統べる」=集まる、まとまるの意味も込められたネーミング

そして、SUBARU(すばる=統べる)の持つ「集まる」「一つにまとまる」という意味から、市民が本施設に集い、スポーツを通じて一つにまとまることで、健康でいきいきと活躍・成長して欲しい、という願いも込められています。

オープンは2017年4月予定!

「SUBARU 総合スポーツセンター」のオープンは2017年4月の予定。

富士重工業は、今後も、「存在感と魅力ある企業」を目指すという経営理念のもと、企業市民として社会からの要請に応えるためのCSR活動に取り組むことで、より良い社会・環境づくりに貢献し、持続可能な社会の実現を目指していく、と発表しています。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP