ここがスゴい!こんなにスゴい!売れてるSUV「マツダ CX-3」

Photo credit: GabboT via VisualHunt / CC BY-SA

マツダCX-3は、2015年3月にCX-5の弟分としてデビューしました。その年にいきなり、年間SUV販売ランキングTOP5に入る程人気のSUVです。そして、デビューから1年経たない2015年12月に改良され、魅力だらけのスゴイ車に進化!今回は、CX-3の特長とそのスゴさに迫っていきます!

CX-3に搭載されてる、マツダの「スカイアクティブテクノロジー」がスゴい!

車の性能を飛躍的にアップさせた、マツダ独自の技術

「スカイアクティブテクノロジー」とは、マツダが独自開発した新しい技術のこと。エンジン、トランスミッション、ボディなどを一貫して、車の性能を飛躍的にアップさせることに成功している技術です。パワフルな走り、スムーズなシフトチェンジ、安全性や剛性も高い、というスゴい技術なんです!

2017年7月27日、エンジンにガソリンエンジンが追加!

Photo credit: The National Roads and Motorists' Association via Visual hunt / CC BY

CX-3のエンジンは、1.5Lディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」と2.0Lガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」の2種類が用意されています。
販売当初は「SKYACTIV-D 1.5」のみでしたが、2017年7月27日から「SKYACTIV-G 2.0」が新たに選択可能となりました!

そして!このエンジンがどちらもスゴいんです!
ディーゼルエンジンは、CO2の排出がガソリン車より少なく、ワンランク上のクラスの車と同等のトルクを持ち、昔のディーゼルエンジンとは全然違って、臭い黒煙をもくもく、なんてことはありません!
ガソリンエンジンは、「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」認定を取得しており、環境に配慮した作りになっています!

CX-3のかっこよさ=マツダ渾身の「魂動デザイン」スゴい!

車に命を通わせるような、エモーショナルな車を目指したデザイン

出典: 221616.com

もうひとつ、最近のマツダが評価を浴びているのがデザイン。マツダは数年前から”鼓動デザイン”というプロジェクトをスタート。車を単なる鉄の塊ではなく「命あるもの」だと考え、まるで馬と人の関係のようにドライバーと命を通わせられるような“エモーショナルな車”を目指しているそうですよ。

「鼓動デサイン」のモチーフは、躍動的で強くて美しい、チーター。

Photo credit: Ullisan via Visualhunt / CC BY-ND

その軸になっているのが、”生物が目標に向かって動き出す一瞬の強さや美しさ”。象徴的なモチーフとして、動物のチーターを選んでいるそうですよ。確かにCX-3も、洗練された美しさの中にイキイキとした躍動感、そして力強さを感じますよね!

ボディカラーの美しさがスゴい!こだわりのカラーをどどーんとご紹介!

Photo credit: TuRbO_J via VisualHunt.com / CC BY

CX-3は、ボディカラーの美しさも注目ポイント☆カラーは全8色展開。デザインの美しさにこだわるマツダらしく、職人たちがこだわり抜いて開発されたカラーもありますよ。

光の加減で色味が変わる、陶器のような硬質感を出した「セラミックメタリック」

特別装備色らしく、美しさが際立つ「クリスタルホワイトパールマイカ」

かっこよさが引き立つ、クールな「ダイナミックブルーマイカ」

文句なしにかっこいい、高級感も増し増し「ジェッドブラックマイカ」

汚れも傷も目立ちにくく、シックなイメージの「メテオグレーマイカ」

上品な光を放ち、存在感を主張する「ディープクリスタルブルーマイカ」

マツダイチオシ!“鮮やかさ”と“深み”の両立を実現「ソウルレッドプレミアムメタリック」

どのカラーもキレイですよね!中でもマツダが自信を持って推しているカラーは、 マツダが“鮮やかさ”と“深み”の両立を実現するため「匠塗」と名付けた特別な技術で生み出された、「ソウルレッドプレミアムメタリック」です。

ご紹介した7色と、「チタニウムフラッシュマイカ」というブラウン系のメタリックカラーがあります。

高級感とスポーティ感が融合している内装もスゴい!

運転に集中しやすい、スポーティで使いやすいインパネ周り

出典: 221616.com

CX-3の運転席周りはスポーティなスタイル。かつ、各所が使いやすい構造で配置されています。オーディオ操作ボタンがハンドルについていたり、液晶はダッシュボードの上に出てくるスタイル。ナビ情報だけではなく燃費情報やメンテナンス情報などを表示し、運転に集中しやすい設計になっています。

高級感もアリ☆材質はグレードによって変わっても、全グレード座り心地はいい感じ♡

出典: 221616.com

コンパクトSUVと言えども、内装にしっかり高級感があるCX-3。シートの材質は布製、革製、とグレードによって異なりますが、どのグレードも座り心地はいい感じ♡広さは、CX-5と比較すると狭さを感じるところですが、幅は案外ゆったり座れます。

後部座席をたたみ、荷室からフラットにすることは可能ですが、SUVだし車中泊をしたい、と考えているあならば、CX-5で車中泊する方がおすすめです。

CX-3の評価もスゴい!

Photo credit: hoshner447 via VisualHunt.com / CC BY-SA

ここまで紹介してきた人気の車種CX-3ですが、国内外からの評価もスゴいんです!

安全性の高さで最高評価☆JNCAPファイブスター賞を2015年度最高得点で受賞!

CX-3は、衝突時の乗員保護性能や歩行者保護性能などについて評価される新・安全性能総合評価において2015年度受験の全銘柄、全クラス対象11車種の中において最高得点でファイブスター賞を受賞しました。事故を回避できる技術で最高評価、安全面でもスゴいだなんて!

「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞!

CX-3は、タイ自動車ジャーナリスト協会(Thai Automotive Journalists Association、略称TAJA)が主催する「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」を受賞しています!

「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」の選考対象は、2015年10月1日から2016年9月30日までにタイ国内で生産・発売された自動車で、40名以上の自動車ジャーナリストによる採点の結果、10車種の最終候補の中から、CX-3が「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」に選出されたのです!

デビューしてまだ2年目だから、中古車も新しい!“納期待ち”がないのも嬉しい♬

これだけの装備充実、CX-3って本当にスゴいですよね!すぐに欲しくなった人もいるのでは?CX-3は人気があるだけに、新車はタイミングと車種によってはかなりの納期待ちをする場合もあるようです。それなら中古車で探してみるのもいいかも!まだデビューして2年目の車なので、中古車でも新しくて上質ですよ♬

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
マツダ CX3 トップへ