超個性的な、改造車やオリジナルカーを製造☆

光岡自動車は、富山県にある自動車製造メーカーです。日産やマツダなどの国産車をベースとした改造車を主に製造、販売。また、他社製のエンジンを載せてはいるものの、自社でフレームづくりから行なったオリジナルの車も数種類あります。

創業者の夢!”日本で10番目の自動車メーカー”に

↑ミツオカ オリジナルカー「オロチ」

創業当時は板金塗装や修理サービスを行なう会社だった光岡自動車。創業車の光岡進さんは「いつか自分自身が納得できるクルマを自分の手で生み出してみたい」という夢を胸に宿し続けていました。そして、原動機付自転車のエンジンにボディを取り付けたミニカーづくり、アメリカ車のレプリカカーづくりを経て、独自にデザインした改造車の製造に着手。クラシックカーを元にしたレトロで手の込んだエクステリア&インテリアは、たちまち大人気となりました。

その後、ベース車両を使わないオリジナルの車「ゼロワン」を発表。政府から”自動車メーカー”として正式に認められ、日本で10番目の自動車メーカーが1996年に誕生したのです!

現在ではファッション・カーと銘打たれた超個性的なスポーツカーや、持ち主が”自分流”を貫ける、クラシカルな車を多数つくっています。

※改造車→市販状態の自動車やオートバイなどに何らかの手を加え、市販そのものではない状態にした車両のこと。カスタムカー(カスタムバイク)。
ミツオカの改造車は、フレーム、エンジン、足回りなど主要部はすべてベース車オリジナルを利用し、ボディに手を施している。
(ミツオカオリジナルの車に関しては、オリジナルのフレームをつくり、エンジンやブレーキなどは他社製を使っている)

※フレーム→ボディーを乗せる構造のこと。フレームはエンジン、トランスミッション、車軸、サスペンション、タイヤなどドライブトレーンを支える。多くの場合これのみでの走行も可能。

↑オリジナルカー「ゼロワン」

ミツオカの中古車はコチラ↓

ミツオカ ビュート

クラシカルで丸っこいフォルムが可愛らしい、ビュート。
ベース車は日産の「マーチ」。

ミツオカ リョーガ

他のものを越えていくという「凌駕」の意味をこめて名付けられたリョーガ。
ベース車は、日産のP11型プリメーラおよびプリメーラワゴン。

ミツオカ ラ・セード

日産シルビアをベースとした、クラシック風クーペ。

ミツオカ ガリュー

英国車のロールス・ロイス・シルヴァークラウドIIをモチーフにつくられた、優雅な車。
ベース車両は日産・クルーサルーン。

ミツオカ ガリューII

日産のセドリックベース車。
「自分なりの哲学、自分なりのこだわり」がコンセプトのハイクラスモデル。

ミツオカ レイ

”本当に魅力を感じるレトロには本質的で普遍的な麗しきものがある”との考えのもと、つくられた「レイ(麗)」。

関連トピック
carlor編集部

こちらcarlor編集部です!

人気のまとめ

最近人気のまとめランキング

人気ランキング

おすすめのまとめ

carlor編集部おすすめのまとめ

殿堂入りまとめ

過去に人気を集めたまとめをピックアップ

殿堂入りまとめ

新着まとめ

最新のまとめ一覧

新着記事一覧

トピック一覧

トピックからまとめをさがす

トピック一覧
TOP